美術年鑑社「平成の日本画」(日本の美術Ⅷ)掲載作品「彩華」

2022年07月05日

「彩華」平成28(2016)年

雲肌麻紙、岩絵具、胡紛、チタン、水干絵具、金色粉

65.2 × 53.0

世界文化功労欧州美術大賞

日本画部門最高位大賞

蘭の花が、天使が舞っているようなイメージで描いてみた作品。蘭と一緒に春の花と輪になって踊る。紐の動きで風を表し、蒼く澄んだ背景の色で、より一層、蘭の花の白さを引き出している。どことなく神秘的なような…さりげなく和風を感じさせるような…そんな雰囲気さえも感じさせる作品なのではないかと思う。


作品のイメージで文を書く…詩人になった気持ちでロマンティックにと思って!!

…いたのですが、結局は【ロマンス】かもしれませんね。

作品の説明?って難しかったです。

これからも書くことが増えそうな予感がします。